オトコ達のLIFESTYLE発信基地

男性のお悩みの声に対しBARBERスペシャリストチームとして、より多くの男性が清潔で紳士なオトコマエになる為に、様々な分野における情報を発信することを目的としています。

脱毛につながる7つの原因

f:id:yotubaber:20180517141452j:plain

 

脱毛の原因は大きく分けて7つにわけることもできます。

 

①体質遺伝

「脱毛は遺伝する」とよくいわれますが、これは大きな誤解です。

「脱毛」そのものが遺伝するのではなく、「男性ホルモンが優位」「頭皮が脂っぽい」など、

「脱毛になる可能性を持った体質」が遺伝するのです。

そこに、「脱毛しやすい生活」が加わった結果、「脱毛」するのです。

 

②ホルモン

男性型脱毛は、男性ホルモンが深く関わっています。

5αリダクターゼという還元酵素が、男性ホルモンに作用すると、5αDHTに変化します。

これが、髪の源である毛母細胞にダメージを与え、髪は細くなり、脱毛していきます。

 

③血行不良

血管が収縮したり、流れる血液の質が低下すると、毛細血管のすみずみに

新鮮な血液が行き届かなくなり、毛乳頭は毛母細胞への栄養補給ができず、

脱毛を招きやすくなります。

 

④ストレス

ストレスは自律神経がバランスを崩し、体のあらゆる臓器や器官が

不調になる可能性が出てきます。

 

⑤食事

インスタント食品や加工食品は、工場で高温・高圧をかけて処理されていて、

ビタミン、ミネラル、酵素などの多くが破壊されており、栄養のある食事とは言えません。

また、動物性タンパク質の摂りすぎは、体質を酸化させ、

活性酸素が大量に発生するので血液の質も低下させます。

 

⑥生活習慣

運動不足や睡眠不足が健康に良くないのは言うまでもありません。

適度に運動しなければ、体の機能は低下してしまい、細胞が活発に働かなくなり、

髪も生えにくくなってしまいます。また、髪は夜によく伸びます。

起きている間は内臓諸器官に、寝ている間は皮膚や骨に、血液が多く流れるからです。

睡眠時間が短ければ、それだけ髪も成長しやすくなってしまいます。

 

⑦シャンプーetc

石油合成系シャンプー剤は頭皮や髪を傷める原因になります。

洗い流したつもりでも、微量の液剤が皮膚に残り、

浸透して頭皮の炎症や毛母細胞へのダメージなどの原因になります。

 

少しでも意識してみませんか??

髪の危険シグナルは、毛根にあらわれる

f:id:yotubaber:20180510155847p:plain

 

毛根をチェックすれば髪の健康状態がわかる

髪は毎日、少しずつ生えかわっています。

1日70本くらいまでなら、心配いりません。

脱毛に悩む人のなかには、1日で500~600本抜ける人はザラで、

悪性円形脱毛の場合は1日2000本以上抜ける人もいます。

ちなみに、抜けた毛の根元を見てみると髪の健康状態がわかります。


1 髪の根元が細長い

成長期の髪が抜けています。これは、男性型脱毛の特徴です。

また、タバコの吸い過ぎ、動物性タンパク質の摂りすぎ、

睡眠不足、ストレスなどで、頭皮が血行不良になっている可能性。


2 根元の周りに白い付着物がある

白い付着物は皮脂です。脂漏性脱毛の可能性。

皮脂の分泌が過剰な人に多い症状。

頭皮を清潔にして余分な皮脂を取り除き、

バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけましょう。

3 根元がおたまじゃくしの尻尾のよう

粃糠性脱毛の可能性。粃糠とはフケです。

フケが毛穴を詰まらせてしまい、雑菌を繁殖させます。

その結果脱毛の原因となります。

また、石油合成系のシャンプー剤は、ほんの少しのすすぎ残しでも

頭皮を傷める原因となりので注意が必要なんです。

 

4 根元が小さく丸くなっている

良性円形脱毛の可能性。

原因は自律神経失調症です。

5 根元がちぎれたようになっている

非常に治りにくい、びまん性脱毛(円形脱毛の一種)かもしれません。

ストレスなどで自律神経が乱れると、自己免疫機能が

毛母細胞を「敵」と認識し、攻撃・排除しようとします。

 

このように様々な要因があるので、まずは知ることから始めてみませんか?

AGAだけではない!後天性脱毛のタイプ

さまざまな脱毛の種類

AGAという言葉を聞いたことはありませんか?

AGAとは、「男性型脱毛」という意味です。

脱毛にはAGAが多いと言われていますが、他にも様々なタイプがあります。

 

男性型脱毛(AGA)

男性(特に若い方)に多く見られる脱毛

 

女子男性型脱毛

女性に起こる脱毛で、ホルモンバランスの崩れが原因。

 

脂漏性脱毛

これは、皮脂の分泌が過剰な人に多いものです。

皮脂は、皮膚の上に皮脂膜をつくって皮膚の水分蒸発を防いだり、

潤いを与えたり、刺激を緩和したり、雑菌の増殖を防ぐなど、大事な役目があります。

しかし、過剰分泌は問題です。毛母細胞が脂づけの状態になると、

皮膚呼吸が困難になり、酸素不足になってしまいます。

これでは、髪がしっかりと生えることが出来ません。


粃糠性脱毛

「粃糠」ちはフケの事です。

空気の乾燥などで頭皮の潤いなどはなくなります。

また、偏った食事、ストレスなども皮膚が生まれ変わるサイクルに異常をきたします。

雑菌を繁殖させ、毛母細胞にダメージを与え、脱毛の原因になります。

石油系のシャンプーも頭皮や髪を傷め、フケの原因になることがあります。

 

円形脱毛

突然、円形(形は様々)に集中して抜けてしまう脱毛です。

単発性のものは、80~90%ぐらいが自然に治ります。

多発性になると抜ける個所も増え、周辺に拡大、脱毛がひどくなることもあります。

 

1、良性円形脱毛

ストレスなどによる自律神経失調症が原因といわれます。

脱毛している部位は、周辺よりも温度が1~2度低く、血行不良が起こっています。

 

2、悪性円形脱毛

自己免疫疾患によっておこる脱毛。

自律神経が乱れると、免疫機能が正常に機能しなくなり、

毛母細胞を敵とみなして攻撃し、髪が抜けます。